Rugの方丈私記

アクセスカウンタ

zoom RSS Itou塾 菅付雅信さんの講演

<<   作成日時 : 2017/06/11 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

菅付雅信さんの講演

Gutenberg orchestraの主宰でメディアのコンサルタント
Gutenbergで18世紀?産業革命が起き、ドイツのここで印刷機が発明され、メディアの発祥とのことで名づけたと。
『物欲なき世界』の著者
「モノと 幸福 と資本主義」での講演でした。

まず、ライフスタイルショップの取り上げ方を見ると、
一層グローバルになった。
ベイクルーズ、Today's special
スローハウス、Ron Herman
鹿児島good neighbor、蔦屋家電
ハンズとBeamsのコラボ
二子玉川はライフスタイルのメッカらしい。

雑誌もアパレルからライフスタイルに中心が移っている。
ここには美しい生活の意味化価値化が台頭している。

三越伊勢丹の前大西社長
売上げが10年で7割落ちていて旧来の販売に大きな改革が必要。

アメリカ経済学者
down sift、spend sift
幸福はお金ではない。これからは「アイデア」を輸出、モノでなく流動性そのものだと。

上海事業者
中国は世界市場29%だが、今後エコグッズ、ロハス思考となる。
元々、幸せになるのは共産党や大企業が目標だった。
これからは、多くの人が趣味に生きるようになる。

保有がなくなる時代がやってくる。
例えば、ルームシェア経験者の比率
ロンドン68% 東京10%、ロンドンは家賃高いのでシェアが普通、ニューヨークも高い。

タクシーでなく、ウーバー化は、ニューヨーク、上海ではかなり進んでいる。
(北京、東京は進んでいない)
車を持たない社会がトヨタも宣言している。

クィ-ンの「Money」とBeatlesの「Can't buy me love」の比較
ビートルズは先を行ってた?

ビットコインやポイント制度も台頭している。

日本は幸せな国か?国連やOECDの国際調査では先進国で最下位。モノ欲が強すぎる。

ドイツのメルケルの側近のジェレミー・リフキン
「限界費用ゼロ社会」を唱えた。情報系はみんなタダになりつつある。
資本主義が2050年で変わると予告。そして生産するものが直接消費する社会となる。
日本は江戸時代以前は行ってきた。

そして未来は、利益と人権(民主主義)のせめぎあいとなる。
まず、アメリカが最初に資本主義が崩壊するだろう。

一番の価値は「よい物語」を持った人生だ。
そしてより個人的な価値観が優先され激しくなる。
そうすると、自問自答が増え、以前よりもしっかり考えるようになる。

「物」より「物語」思考である。
日本も変わると楽観視している管付さん。
ただ伊東さん、日本はそれほど変わらないのではと。
大三島の活動は大変。そこに魅力をたくさんつくらないと成り立たない。


<rugの感想>
世界の資産190兆ドル、世界のGDP44兆ドル。アメリカ18兆ドル、日本は4兆ドル。
お金と価値観の関係、革命的に変わるのか微妙です。
しかし流通過程はIT化、スマホ化になってどんどん変わってます。
一方、少子高齢化もどんどん迫っています。
情報タダ社会の中で、
物欲のない2050年の都市や建築の景色はどうなっているのでしょうか?
しっかり考えたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Itou塾 菅付雅信さんの講演 Rugの方丈私記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる