世論が支えた安治川親方の撤回!

37歳の安治川親方が貴乃花理事への投票行動を告白表明したのは立派だ。そこで廃業退職発言があったが一日おいて撤回した。そうなっては益々批判を浴び困る立浪一門が動いたようだ。ただ、立浪一門の長の井筒親方と安治川親方の会見発言の主旨が異なっていた。改革したい安治川に対し、安治川を子供扱いしてる井筒に疑問が湧いた。そもそも理事選挙も保守的なカタチだけの出来選挙を貴乃花が一石を投じた。相撲協会も幕末のような状態だ。真の大相撲維新はいつくるのか?相撲だけじゃない、日本の政治もそうだね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック