早稲田7-26筑波 ラグビー対抗戦!

終了10分前に7-5で早稲田が勝っていたが、3トライ怒涛の筑波の攻撃で、筑波が完勝。早稲田は清宮監督の頃の5年間は、対抗戦には負けたことがなかったのに国立の筑波大学にも昨年から続けて負けた。
決して力や技術が落ちた訳ではなく相変わらずタレント揃いであるのにだ。そして、関東学院大も関東リーグ戦で4連敗。
10年前、この2チームが大学ラグビーを君臨し続けたのが、時代は、代わってしまったのか?

それは、筑波の方に理由があるかもしれない。
筑波は、推薦入試で高校で活躍しているキャブテンをかなりいれている。
今回出ているレギュラーの半分はキャブテンだったようだ。ラグビーは統率力でゲームが決まるが、
筑波は誰もがその意識をきちんと持っている。
また、身体つきをみてもどの選手も胸板が厚く、筋肉トレーニングも完璧なようだ。
今年の大学選手権の優勝第一候補にちがいない。
国立の大学がこんなに強くていいのかな。とやっかみたくなるくらい強いね!、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック