ラグビー早稲田 辛勝の早慶戦!

11月23日慶応義塾10-31早稲田
前半は10-10で折り返し、終了10分以降に早稲田2トライで大差にみえるけど、
実際は、接戦であった。今年の早稲田は、なぜか安定しない。
アスリート推薦の布巻や、藤田が怪我でだめでも、もともとタレント揃いなので、慶応には大差で勝利しなければならない。

11月3日帝京大学37-27早稲田。
終了10分のところで筑波大に続けて2連敗。同じような負け方、最後の最後に持続できない弱さあるね。
外人がいる帝京大学だが、体つきが外人並の日本人もいる。とくにバックスの体つきが早稲田と異なる。

帝京大学は、往年の関東学院大のようだね。その関東学院大は、5年前の春口監督がある部員の事件で辞めてから全く弱くなった。
早稲田と関東学院大が凌駕した時代はもう来ないのか。

今年は、明治の復活、筑波大学の台頭、帝京大学の連覇が注目される。早稲田は終わりかどうか12月2日の
早明戦にかかっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック