アメフトのこと

日大、アメフトがきっかけにマスコミ等炎上しています。

アメフトのことは、接点がないので全くわかりません。
そこで
ラグビーに照らして、考えてみました。
ちょうど先日5月19日、サンウルブズの香港での戦、南ア:Stormersのチームと対戦して逆転勝利26-23の試合がありました。この試合、2015年W杯、日本が南アに勝利した時と同じ感動がありました。

そして、ラグビーの試合でアメフトみたいなこと起きるかについても考えました。答えは、NOです。
ラグビーはオフサイドという厳しいルールがあり、ラグビーはボールの前に味方も敵も出れないので、ボールのないところでは、接触プレーがほとんどないのです。

また、ラグビーは、悪質なプレーは、味方も敵も協会も見張っています。
以前、相手の顔に偶然足が当たっただけで退場、5試合停止とか処分された知人がいました。
何より、試合後は、「ノーサイド」のコンセプトの通り、敵味方が試合の健闘を讃え合う日本の武道にも繋がります。

フットボールはアメリカだけが人気となっているのは何故なのだろう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック