時場心経 Thinking about time and place.

2827EA99-5B1B-4BBB-8DD9-CC585EBDBDF4.jpeg

"The world heritage that touched the green of Yakushima for over 1000 years attracts the smallness of people, the hugeness of nature.”
This is a phrase that felt the weight of time on Yakushima.
In my book, I added elements of time as an explanation for operating "eight dimensions and seven recognitions".
As Dr. Konokami , President of the University of Tokyo, spoke at the last entrance ceremony of Heisei, thinking about time is related to various studies and is the important thing in education.
By the way, the next dimension of space is the fourth dimension, time. Einstein can not account for the refraction of light in space without adding a time factor.
The winter star Sirius star is 8.5 light years, Peterius star 497 light years, and Alnilam 1977 light years are distance. When you look at a star it is completely different from when it is actually shining.So, I wonder if some stars are already gone.
Also, when you talk to a person, if you don't speak at the other side at times or in a case, the way you accept the other person will be completely different. It is better to avoid sudden stories if you are not expecting surprises.
The construction is process and budget. In addition,
there are time factors in equipment, environment,
construction (placement of labor and materials,
construction method, temporary drawing).
Maintenance is also a time factor.
In the middle of mind,
Although there is no ground in the end of life,
this is also a phenomenon of temporal change.
Music and movie is also a connection of sounds and can
not be realized without time.
So this is all alive events themselves.
And as long as human beings have a lifetime,
everyone is given time fairly.
There is no fairness like time. Let's spend time meaningfully.


<時をおもう、場をおもう>
「世界遺産、屋久島の縄文杉や1000年超の巨樹に触れ、人のちいささ、自然のでかさを魅了する。」
これは、先日、当地で筆者が時の重みを感じた句である。
また著書、「作事心経」でも8次元及び7知覚を操る説明には、どちらも時間や場の要素が入っている。

五神 東大学長も平成最後の入学式辞で語ってる通り、時を考える事は、様々な学問に関連があり、教育の上で最も重要な事である。

ところで空間の次にくる次元は第4次元つまり時間。アインシュタインも宇宙空間の光の屈折は時間要素を加えないと説明ができない。

冬の夜によく見るシリウス星は8.5光年、ペテルギウス星は497光年、アルニラムについては1977光年離れていて見える星に対し、実際光っている時が全く違う。
だから、実はもう無くなっている星もあるかもと考えると絶句する。

また人と何か話しをする時、時とその場面展開により相手の身になって話さないと、受け止め方が、全然違ってしまう。唐突な話しは、突飛さを期待されない以上避けた方がいい。

建築で扱う時間とは、工程と予算。そして設備、環境、施工(人や材料・工法の手配や仮設計画)に時間と場面展開が重要である。完成後のメンテナンスも時間的要素です。

般若心経では、生滅垢浄増減は無の境地とあるがこれも時間的場面変化の現象です。

音楽も音のつなぎであり、時間がないと成り立たない。

よってこれすべて生きている事象そのものなのです。
そして、人間の寿命がある通り時間は誰でも公平に与えられています。
時間以上の公平性はないでしょう。時間そして場を有意義にそして大切に!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック