迷走する東京オリンピック!

もはや呪われている?
これまでの迷走を挙げるとキリがない。
2020東京オリンピックのこれまでの騒動!

1 メイン会場の千駄ヶ谷のスタジアム設計、ド派手で1000億円コスト増。コンペ委員長の安藤忠雄氏も責任転嫁、そこで安倍総理が介入し、設計者を再度見直しし(実際は設計施工コンペ)ザハ.ハディトから隈研吾へ、この影響で1年遅れ、ラグビーワールドカップ決勝ができなかった。
2. エンブレムが著作物違反でやり直し。
3. 五輪のメインを飾るマラソンの会場が夏開催のため、東京から札幌へ、しかもこれは、東京の本番コースのMGCで選手を決定した後だ。他にも会場移転問題燻る。
4.コロナcovid-19で2020に開催できず延期。感染症で延期、中止は五輪初である。
5.森喜朗会長、女性蔑視発言で辞任。ボランティア辞退続出。そして会長後任のゴタゴタ。

そして今後の開催できるかの懸念、ワクチン接種で開催が決まるのでしょうか?3月には国内の聖火リレーが始まります。
オリンピックが呪われていることさえ感じます。ここはもう中止にして、コロナが完全に収まる迄、仕切り直しした方がよいと思います。

そして、またもや菅総理が動いた。
森さんが女性蔑視発言でJOC委員長を辞めて、後任に川淵三郎氏を密約していたから、菅さんが川淵さんを制止した。
これは政府介入のオリンピック憲章違反の可能性もあるという。メイン会場のスタジアム発注でも政府が介入していましたね。

ところで東京オリンピック招致はラグビーワールドカップ招致成功から始まった。
本来、ラグビーワールドカップの決勝スタジアムは、旧国立競技場を更新して行うはずだった。
これをあろうことか、安倍さんが介入して、コスト増大の為、スタジアム設計を振り出しにして、建設発注に慣れている国交省職員をJSCに送り込んで、ラグビーには間に合わなかったが、オリンピックには間に合わせた。

東京オリンピックの呪いは今後も続く...?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント