金閣寺をみて

色々考えさせられるこの外部造形。「金閣」‼️
建築とは正直みえません。空海的には、色でしょうか。

ここにいる大勢の観光客は、ほぼ全て外国人。自分が今回訪れた中で京都一の観光客の混みようだったとおもいます。そのまわりは、夢想国師の名庭園がありながら、皆さんは、この金に圧倒されていました。それだけのインパクトです。
人間は、この「金」をみてはしゃいでいられずにはいられないのです。

「金」は、自然界の中で希少、比重も伸びも輝きも金属の中で最も高く、人は精神性において惹かれてしまう。だが、人や人との関係において穏やかなものにはなっていない。
だから利休は、日常の美を竹などの日常材料にて侘び茶を示したのでしょうか?

画像



"金閣寺をみて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント