空海の風景を探る 乙訓寺

ここは山城の乙訓寺。 空海が38歳の時、唐から帰って一年後、別当として辞令(弘仁2年(811年)11月9日)にて嵯峨天皇から与えられた寺だ。 司馬遼太郎の「空海の風景 下23」に書かれています。 空海は1年しかいないが、弘仁3年10月27日に最澄がここを訪ね1泊している。初対面。 空海がこのお寺を去るのはその翌日で、神護寺へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねねと豊国神社

秀吉の正室ねねの霊のある高台寺。 ここは伏見城から移築されたものばかり。 この池にあった傘亭と山にあった時雨亭は利休の設計、それを繋ぐ廊下は小堀遠州の設計。なんと豪華な組み合わせだ。 それとこれは京都三大唐門の一つ豊国神社です。秀吉が祀られている社、出世の神様です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都大原三千院と来迎院

ここは鴨川の支流のほとり、これから雪景色の大原へ向かいます。 そして三千院の往生極楽院をお参りしました。 雪は昨日が初雪とお寺の人のはなし。 さらに足を進めて、その上のお寺へ、 そして、最澄の弟子、円仁がこの地を開山、さらに良忍が広めたと、この来迎院への参道に記録がありました。 更にその奥、良忍上人が音無の滝で梵語の唄を声明したとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かなる室生寺

花園からの帰りに近鉄で奈良・室生寺へ参りました。 室生口大野駅から人も少なく静寂に包まれた場所でした。 中でも金堂の木像がそれぞれ印象的でした。 金堂の東にある御堂の屋根に降る、銀杏の実だけがボソボソボソと音を立てていました。風のイタズラ? そして奥の院の山まで700段、あられが降っていました。 仁王門前でスマホを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本郷、12-40尾道に完敗

とても残念です。 本来のディフェンス力が足りなかった? 逆に尾道のディフェンス力は凄かった。本郷の攻撃で縦に突進する時、尾道は必ず瞬時に二枚三枚となり押さえているのが印象的でした。U17日本代表の本郷HO福澤君は完全にマークされてましたね。 今回、秩父宮の東京都決勝で本郷が成長し目黒に力をみせたのですが、花園では、中国地区一の尾道には歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆく川の

鴨長明に惹かれてつくったこのブログ「方丈私記」の方丈はここ下鴨御祖の河合神社が元祖、偶然の発見でした。 「ゆく川の思いもよらぬ、出逢う方丈」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の特別関西旅行

まず 富士山! 山部赤人も「田子ノ浦の、、富士の高嶺に雪はふりつつ」 ちょうど一月前にも撮りました! そうです! 明日本郷が尾道と対戦するので、今、京都へ向かってます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の瀬

市場が豊洲へ移った後の初の築地の年の瀬です。晦日まで少し早かったためか、外国人観光客もまばらで、空いていました。 場外はほとんど昨年と同じ店が開店していて商品も同じにありました。テリーさんの実家の店で卵焼きを買ったらテリーのお兄さんにお礼を言われました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリー スター誕生

レディ ガガの初の監督 主演作品をみました。 どこかでみたことのある歌手の成功物語でしたが、 ガガの経歴をみると、 父親が厳しかったこと。 19歳にダンサーだったこと。 すべて自作曲など。フィクションだけど 半分はガガの軌跡だったと思いました。 ガガ、本当に歌が上手い!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉百人一首

著名なこの6人を書してみました。 百人一首は奥が深いです。 このかるたを作ったのは、藤原定家(1162-1241)です。 汚い字ですみません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今上天皇としての最後のお誕生日と年末のお言葉

これまでの思いを告げられたお言葉でした。 気持ちも込み上げられ、誰よりも、国民をそして皇后を気にかけておられるご様子でした。 誕生日の特別参賀は過去最高の8万人です。 上皇になられたら、京都に住まわれてはいかがでしょうか。 「神から人間へ」、簡単な言葉ですが難しいです。 象徴であることは間違い無いのですが、 世界からも羨ましがれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新千歳空港の雪景色

ここは北海道 仕事の帰りです。 新千歳空港は、体感マイナス9度の吹雪です。 いま一所懸命、滑走路の除雪整備しています。除雪車全部で12台、こんなに列をなしているのはみたことありません。 その後、飛行機は2時間遅れての出航でしたが、欠航もありうるといわれ、ドキドキでした。この日、千歳出航220機のうち10%が欠航、30%が遅延したようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多宝塔くらべ

この一年は、高野山を訪ね、根本大塔を魅了したおかげで多くの多宝塔7塔をみました。空海が一番やりたかった建築だと思います。なぜなら中の空間構成が立体曼荼羅に一番フィットしてるから! まず、高野山根本大塔!昨年12月に参拝。 816-887年頃建立、根本道場のシンボル。現在はRC造1932年築。 主尊は胎蔵界大日如来。 高野山金剛三昧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落柿舎で詠む

落柿舎は芭蕉の弟子向井去来が1787年頃、営んだ舎です。 いま落柿舎の中で詠みました! 「嵐やま諸行無常の紅葉ここにありけり」 「落柿舎で熟れた柿落ち今まさに」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麗しの祇王寺

嵐山にある真言宗大覚寺塔頭の尼寺です。この季節のためか他の真言宗にはない麗しさがあります。 堂の仏間には6体の鎌倉時代の像がありましたが、平清盛像をわざと隠していわれがあっていとおかし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津の景観?

大津市の景観計画? 堂々といえるの? 昨日の三井寺の高台からです。市推薦の景観スポットとありますが、まるで、はだかの王様だ。 インバインドするなら、この風景から問題視すべきです。 これは、9月にみた、鎌倉長谷寺の高台からの景観も同じ。(本年9月14日当ブログ) これでは日本の風景が恥ずかしい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝 園城寺光浄院客殿

ようやく訪ねることができました! 大学1年、40年前の日本住宅史の授業で習った客殿です! 建築史の先生からは、この建物だけで1コマ90分の説明があったと思います。 園城寺つまり三井寺は、豊臣家ゆかりの寺です。秀吉に支えた武将によって建てられ、名だたる大名の寺の迎賓館として使われました。 また、 桃山時代の標準的典型的な武家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 紅葉旅行3日目

朝8:30、京都駅からバスで比叡山延暦寺に行き、その後、大津の三井寺と石山寺へ回ってきました。延暦寺は根本中堂が工事中でしたので残念でした。下山は坂本ケーブルカーで大津側へ降りました。 ここにきたのは記憶にないくらい大昔。三井寺、石山寺どちらも見応えありました。 三井寺はもう一つの天台宗寺院。金堂とふたつの客殿が国宝。 石山寺は真言宗。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉旅行 初日 富士と東寺

秋の紅葉、京都を楽しみます。 まずは道中の富士の山です! まず真っ先に東寺をおとずれました。3回目ですが、初めて講堂のなかの立体曼荼羅を拝見しました。 そしてこの五重の塔!昔からの京都のシンボルです。今日は中が開放されていてここの立体曼荼羅もみました。 講堂も五重の塔も優美ではなく素朴な印象でしたが、まさに日本を代表する立体曼荼羅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more