テーマ:早稲田

卒業式!

昨日、愚息の卒業式に賛同した。 愚息への最後の子離れの機会として参加した。 w大学の卒業式! 大学院生と同じ卒業式だったので、角帽服装など院生は特別扱いだった。 K総長の式辞では、これまで学んだ知識を人として利己的に行動せず、社会に対し犠牲の精神でグローバルリーダーを目指して進め、華やかで目立たなくとも地道でいいと!大切なお話だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学選手権準決勝 帝京大学38-10早稲田!

早稲田の今年度の戦いが終わり、荒ぶるが今年も歌えなかった。 それだけ、帝京大学に圧倒され、凌駕されている。 http://www.rugby-japan.jp/national/score/print/print7194.html 今回、寿命間もない国立競技場へ行ってみたが、 早稲田がよかったのは、前半30分までだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治ラグビー14年ぶり劇的対抗戦優勝V! 明治33-32早稲田!

明治ラガーおめでとう。吉田監督が感涙してたね!早稲田明治100戦目のメモリアル対戦だった。 優勝インタビューでは、やはり明治ラグビーをつくった北島忠治監督へ捧げる言葉が冒頭にあった。 試合は、明治らしい北島イズムの「前へ」のラグビーが炸裂していた。 観客も32100人、国立競技場で行うメモリアルにふさわしい僅差の劇的な試合だったね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー早稲田 辛勝の早慶戦!

11月23日慶応義塾10-31早稲田 前半は10-10で折り返し、終了10分以降に早稲田2トライで大差にみえるけど、 実際は、接戦であった。今年の早稲田は、なぜか安定しない。 アスリート推薦の布巻や、藤田が怪我でだめでも、もともとタレント揃いなので、慶応には大差で勝利しなければならない。 11月3日帝京大学37-27早稲田。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田7-26筑波 ラグビー対抗戦!

終了10分前に7-5で早稲田が勝っていたが、3トライ怒涛の筑波の攻撃で、筑波が完勝。早稲田は清宮監督の頃の5年間は、対抗戦には負けたことがなかったのに国立の筑波大学にも昨年から続けて負けた。 決して力や技術が落ちた訳ではなく相変わらずタレント揃いであるのにだ。そして、関東学院大も関東リーグ戦で4連敗。 10年前、この2チームが大学ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ、橋下ラガーが国政へ進出!

橋下さんがラガーだったので知事になる前から、関心を示していたが、 いよいよ維新八策を掲げて国政へ進出だ。 進学校花園ラガーで早稲田大学出身は、 自分の親類とも同じなので、常に興味をもっていた。 甲子園キップをつかむ進学校は戦後ほとんど皆無だが、 花園は福岡高校、秋田高校など近年でもある。埼玉県の浦和高校は、近年続けて県予選…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

スマおんせん、きょうは、鳴子!

仙台から車で二時間。ここは、鳴子温泉。今日も温泉のハシゴです。 鳴子温泉駅の案内所で湯巡りチケット1200円を購入し、 ここ早稲田桟敷湯でもう二件目だ。早稲田大学理工学部の学生が堀当てたため、「早稲田」の名前がついた温泉処だ。設計も石山修早大教授らしくとても個性がある建物。 でも、秋保でも感じたけど、古い狭い温泉の方が効き目があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田が正月迎えられず!関東学院大学に負ける!26ー28!

今シーズンようやく初めて秩父宮ラグビー場へきた。 3年前まで10年間、この二校どちらかが優勝し、大学ラグビーを君臨してきたが、この時期の好カードはもったいないようにおもえた。それだけ、近年、大学ラグビーが戦国時代となっているようだ。 予想のとおりゲームは、接戦となった。 ポイントは、早稲田に、ミスが多く、とくに、スクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早明戦18-16!

近年希にみる早明の接戦だった。ラグビーも7点差以内の僅差のゲームは観客や視聴者を釘付けにする。明治は、3年前は対抗戦6位で選手権にも出れずに辛酸をなめていたが、吉田監督になって急成長! それも明治らしい前へ縦への攻撃の伝統を崩さなかった。明治は終了5分前にSH秦が怪我で外れたのが痛かった。 自分は風邪のためTV観戦だったが観客も多か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田今シーズン終了!

NTTDoCoMo66-43早稲田!ナンバー8の箕内率いるDoCoMoが早稲田を振りきった。やはり早稲田にしても毎年主力選手が替わるのは、社会人に比べ相当なハンデがあるね。これで早稲田の今シーズンのパフォーマンスが終了だ。この早稲田最終回もバックスはよく、とくに両センターの12坂井、13村田が光った。キャプテン8有田はじめ、10山中、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝京連覇!

滑川は帝京の要で桐蔭学園出身のスクラムハーフ、帝京の牛若丸だ。親類は早稲田だが、親類の高校時代のよきライバルが滑川剛人ゆえ、自分としては優勝はどちらでもよかった。ところで、この戦いを見てもラグビーはフォワード力とタックル力だと感じた。早稲田は、来年こそ荒ぶるを歌おう!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝京優勝!早稲田荒ぶる歌えず!

帝京17-12早稲田。帝京は大学選手権で1回戦関東学院、二回戦慶應、準決勝東海、決勝早稲田と、すべてが優勝候補のチームと戦ってきた。これら強いチームとやってきて勝利の方程式の型が完成したのだろう。特にフォワードだ。慶應戦は相手のコラプシングを誘うスクラムが効き認定トライまでになり、慶應は尻込みした。早稲田も何度かコラプシングの反則があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根は早稲田が制す!

渡辺康幸監督おめでとうおめでとう!競走部監督となって七年間の苦労の末、悲願18年ぶりの箱根を制しましたね!それも大学駅伝年度三冠! 瀬古さんも解説を忘れて、早稲田を相当応援してたね! 今年度の早稲田は、野球と駅伝で全国を制し「覇者」となり、あとは今週末に行うラグビー大学選手権決勝で優勝すれば大学三大スポーツ(地上波TV中継のあるスポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月のラグビーと駅伝の雑感!

1月三が日のスポーツ風物詩といえばラグビーと駅伝だ。 まずは、花園。やはり今年もシードのチームが強かった。 番狂わせは、久我山21-0慶應くらいかな。 でも、久我山は東京新人大会で本郷に同点で抽選負けでその後の関東・全国選抜に出られず、辛酸をなめされられたためのノーシードだっただけ。ホントに強いかは、3日以降の成績による。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立はほぼ満席?

昨日の早明戦の観客は42700と発表されたが見たところほぼ満席だった。あと10000位入れたら超満員といったところかな。2019年にラグビーワールドカップが日本で行われるが、ここがメイン会場なのだろうか?ラグビーのワールドカップもサッカー同様80000以上の集客数が欲しい。オリンピックもサッカーも誘致に失敗した日本は、その後も考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田31-15明治!

早稲田が対抗戦グループ1位となった。対抗戦は、その名のとおり対抗戦という伝統の重さを重視した当事者同士の戦いのため、優勝の表彰がない。あるのは、大学選手権への枠取りのための順位だ。 その順位は慶應、早稲田、明治が巴の一勝一敗で早稲田と明治がトライ差も同じ為に得点差で1位が早稲田2位が慶應で、僅差の勝負だった。早稲田辻監督が言ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早明戦、帝京慶應戦予想!

いよいよ日曜に行われる大学ラグビー対抗戦グループのメインイベント「早明戦」がある。その前日、土曜日には帝京慶應戦とも楽しみだ。今のところ全勝の明治、一敗の早稲田と慶應、二敗の帝京が追っている。明治が勝てば明治の堂々の1位!早稲田勝ちで3点差以上なら早稲田1位。2点差以内であれば明治の1位だ。慶應の1位はないが、この二つの試合で2位から4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸の王者の勝ち!早稲田10-12慶應!

得点もその差も少ない緊張するあっという間の80分だった。「ラグビーはやはり、ディフェンスでとくにタックルのよさでゲームが決まる。」とテレビ解説の砂村さんが解説してたけどホントだ。前評判の高かった早稲田は、慶應のディフェンスの前に、攻めきれなかった。1本とれたのもラッキーなものだった。長年打倒早稲田を強く意識してたのか慶應林雅人監督は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覇者 早稲田が帝京に勝利!

早稲田33-14帝京。点数の割には力の拮抗した差のない緊張したよい試合だった。観客も20000人を超えているようでほぼ満席。このあと慶應-明治戦もあるからかラグビー人気は関東大学対抗戦だけは衰えていない。隣の神宮では、50年ぶり早慶優勝決定戦でその逆風にかかわらずだ。そして試合は、帝京は、得意のフォワードが攻められなかった。反対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲駅伝で早稲田が14年ぶり優勝!

早稲田の注目する三大スポーツは、野球、ラグビーそして駅伝だろう。野球は早慶戦、ラグビーは早慶戦と早明戦は、NHKの全国放送がある。そのためか、野球、ラグビーは優勝もしくはそれに近い成績を毎年のこしている。一方、駅伝は?大学三大駅伝でようやく14年ぶりの優勝となった。1980年代の瀬古選手の現役以降、話題性や人気に比べ優勝してなかったんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きたない言葉?稲田さんの国会代表質問!

自民党にもこんな優秀な人がまだいたのか。一昨日、稲田朋美さんが衆議院代表質問にたち、菅総理へ向けて鋭い切口で約40分間、菅総理は国を愛する心がないとあらゆる面から主張し畳み掛け続けた。菅さんの回答は感情を露にして、きれいな稲田さんに対し、「きたない言葉」と断定してたが、完全に軍配は稲田さんだった。稲田朋美さんのようなこんな心の人が総理に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田が筑波にまさかの!

ラグビー大学対抗早稲田-筑波戦が、熊谷で行われた。前半は早稲田8-21筑波。早稲田は、スターが多く綺麗なラグビーをしているようで、なかなか調子が出なかった。辻監督の言う通り早稲田らしいのは泥臭さである。後半はフォワードが奮起して派手さを封印した。結局、早稲田34-26筑波。で最後までハラハラする試合だった。直前の試合で帝京大が日本体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー早稲田が成渓を粉砕!

ラグビー関東大学対抗戦。早稲田88-0成渓。早稲田は、花園活躍メンバーがごっそり、3垣永、8有田、10山中は花園優勝準優勝キャプテンたちだ。花園経験者で無い14の中鶴も活躍でハットトリック。このメンバーなら大学選手権優勝は堅いとみえるが今年はどうか?成渓は、毎年、立教、青山学院とで下位でABのグループで入れ替えを争っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早早対決は早実!日日対決は鶴ケ丘!

高校野球の西東京大会は、本日が準決勝。41年ぶりの夏の早大学院ー早実。早大学院のエース千葉は、本郷中出身。本郷は野球が弱いので、高校は学院にいったのかな?この夏の予選は、ほぼひとりで投げてきたが、早実に7-3で負けた。千葉は早大へ行っても六大学野球で頑張ってほしい。 ところで、もうひとつの日日対決は壮絶な試合で延長14回6-5で鶴ケ丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラクル10のNECと帝京が激突!

日本選手権準々決勝で今度の日曜日に激突する。どちらも伸びしろが期待できるディフェンス力のあるチームだ。ディフェンスで勝ってるチームゆえ、華やかさは余りなく、何となく多少不器用なところも共通していてファンは好まれるのだろう。ところでこのニチームの旋風により、清宮監督と中竹監督の退任に繋がっている。サントリーと早稲田の監督 。常勝してないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親類が早稲田合格!

昨年度、花園で戦った自分の親類が一浪にて早稲田大学のセンター試験入試にパスした。これでひと安心。あとは思う存分、一般入試でも戦ってもらいたい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早稲田佐賀学院とラグビー

今度の早稲田慶應戦ラグビー大変楽しみだ。ELV以降初めての対戦で新ルールにどれだけ順応しているかが勝負の別れめだ。帝京が早稲田に8年ぶりに勝ったのもそこにある。ところで平成22年開校を予定している早稲田佐賀学院。九州の中等教育に一石を投じるだろうし、クラブ活動も影響を及ぼすだろう。とりわけ野球とラグビーはどうなる?佐賀県では野球では佐賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ELVで対抗戦は混戦!

昨日の明治10-16日本体育大は、日本体育大には申し訳ないが、この試合は番狂わせで予想外の結果だった。これで日本体育大は慶應と明治に勝利した。大銀星だ。今後の早稲田に勝てば大金星だが。これも今年に限っての試行ルールELVが影響しているのだろうか?このELVはランニングラグビーを得意とするバックス中心のチームが有利で、フォワード中心でモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more