テーマ:

北京天寧寺の仏舎利塔

今日は天寧寺を訪ねました。 下記は案内板の訳です。 随朝の文皇帝は、中国の30の州に30の仏塔を各1棟ずつ建設し、仏教の文物を封印しました。 天寧寺はその中の一つ。随朝の仁壽2年に仏舎利を入塔しました。(AD.602) 創建時は木でできていて、階段がありました。しかし元の末時の混乱によって破壊されました。 遼の時代に8階と13層のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真心心経 利他に真心を磨く Alive your true heart.

「あなたは、卓越したアドリブ交渉術を持っている。」  これは親愛なる中国の友人K氏から自分への高い評価をいただいたことばである。 その友人とは、国際協力として複雑で難航する仕事を共にし、かつ二人三脚で中国の某州立大学にて講演した仲間である。 また、その仕事は交渉事が中心であり重要で、この経験から交渉術は相手に対しての計算は決し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Le Corbusier's a secrets episode.

たつ子さんの著書をみていたら、下記のコメントを発見しました。 作事般若心経(本年2月2日当ブログ参照)につながるものでした。 すでに天才コルも考えていたのです。感銘しました。 パリの甃(田付たつ子著)「ル・コルビュジエとの会見」P167より                         「食う、着るということ、これは人間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年スタート!

平成が終わり、令和がスタートしました。 新たな時代のスタートです。 平成同様、世界の国々の模範になれるよう、豊かさと平和な時代になることを、 日本人一人一人が持ち続けることを期待しかつ努力すべきです。 国外で仕事すればするほどそう思います。 After the end of Heisei, Reiwa has …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりの高崎の恩人との再会

2年前同様、高崎を満喫させていただきました。本日も、 恩人並びに仲間の方たちへ感謝の言葉しか表せません。 本当に至福の時でした。ありがとうございました! 本日は、高崎の音楽堂を拝見させていただきました。上から見るとザリガニ? 前回、井上房一郎邸(1952年築)を拝見させていただきましたが、 この音楽堂は井上房一郎が提案し一般寄付で行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東博の東寺特別展

退職後の暫時の休暇にて上野に用事があったので大好きな「空海ワールド」を観に行った。東寺講堂の立体曼荼羅は、四カ月前にみた東寺の本物の講堂より迫力があった。 この帝釈天騎象像だけ写真が許された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日定年退職

今日が本当の最終日、 皆さま、本当にありがとうございました。作事心経は、これまでの建築に対する想いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾から分倍河原へ

高尾山からの寄り道、思いかけずにふとしたことで偶然訪れました。設計から25年経った自作ですが、当時のことが今でも新鮮な気持ちで蘇ります。そして自分が関係した事業およそ150のうちの中でも特に思い入れの深い作事です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春分の日に

春分の日に、浅草寺をお参りしました。 ここは、江戸時代は、作事奉行が整備メンテをしていたところです。 元々、7世紀創山した天台宗のお寺でしたが、第二次戦後、聖観音宗として独立したお寺です。 主尊は観音様。観音とは主観と客観で人々を救うとあります。 暖かくなったためか、外国人観光客を含めとても混雑してました。 お昼に寿司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作事肝銘

作事は天賦として、一生みんなのために、運命に逆らわず人々の為に、利他に生きることです。 Sakuji and Architect is to live as altruism, for you should be dedicated for the sake of everyone for of your life, for…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一級建築士講習会

先月の15日に建築士講習会に、これから業として使わせてもらうので、初参加しました。 その講習会テストの結果で合格でした。一回でパスできてよかったです。 その時ひとつ思ったことがあります。それは、倫理の問題が出たのです。 「建築士は公正で誠実でなければならない。」◯か×か? こんなこと当たり前の建築士もここまできたか?とおも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝

先週の金曜、後輩達有志で現役最後で最高の送別会をしていただいた。 私一人のために、10人の一級建築士が集まってくれた。場所も上野、思いの強いところです。有志皆さんには、感謝しきれず、有難いかぎりです。そして纏めてくれた幹事さんありがとう。 「梅の華に、西郷像の元で敬天愛人、感謝の意」 追伸:あの送別会から10日目。いただいた花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオパレスを問う

今年度のKYBに続いて、建築指導関係の大きな社会問題となっている。 私も2年前にレオパレスを使用してました。 社長さんは工期を優先したと言った。 でも工期短縮は、やはり金でしょう。 建築基準法もわからずによく不動産経営ができますね! わかっていての違法は、なおさらです。 もっと信念としての利他的な行動が必要です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリープ判定と愛宕山

また来てしまいました。 今日は先日の内視鏡検査の際のポリープの判定をいただき、結果はローグレード!先生曰く、最低のランクと言ってました。まずはひと安心です。 その後、愛宕山へお礼参りしました。今回この男坂を上がりましたがとても急で二度休みました。 そして再びNHK博物館へ、今度は湯川秀樹と司馬遼太郎の対談を聞きました。1981年「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一生奉公 敬天愛人!

先週の水曜日にふとしたことで虎ノ門愛宕山をお参りしました。参詣していたその神社で一点の光が射し、大変清々しい気持ちになりました。ここは面白い高台です。そして同じ山にあるNHK博物館を覗きました。そこで偶然、田付さんをみました。一生奉公 敬天愛人!が閃きました。この意味いつか話します! そして、この閃いた水曜日は、父亡き後50年、つまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉百人一首

著名なこの6人を書してみました。 百人一首は奥が深いです。 このかるたを作ったのは、藤原定家(1162-1241)です。 汚い字ですみません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今上天皇としての最後のお誕生日と年末のお言葉

これまでの思いを告げられたお言葉でした。 気持ちも込み上げられ、誰よりも、国民をそして皇后を気にかけておられるご様子でした。 誕生日の特別参賀は過去最高の8万人です。 上皇になられたら、京都に住まわれてはいかがでしょうか。 「神から人間へ」、簡単な言葉ですが難しいです。 象徴であることは間違い無いのですが、 世界からも羨ましがれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落柿舎で詠む

落柿舎は芭蕉の弟子向井去来が1787年頃、営んだ舎です。 いま落柿舎の中で詠みました! 「嵐やま諸行無常の紅葉ここにありけり」 「落柿舎で熟れた柿落ち今まさに」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麗しの祇王寺

嵐山にある真言宗大覚寺塔頭の尼寺です。この季節のためか他の真言宗にはない麗しさがあります。 堂の仏間には6体の鎌倉時代の像がありましたが、平清盛像をわざと隠していわれがあっていとおかし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 紅葉旅行3日目

朝8:30、京都駅からバスで比叡山延暦寺に行き、その後、大津の三井寺と石山寺へ回ってきました。延暦寺は根本中堂が工事中でしたので残念でした。下山は坂本ケーブルカーで大津側へ降りました。 ここにきたのは記憶にないくらい大昔。三井寺、石山寺どちらも見応えありました。 三井寺はもう一つの天台宗寺院。金堂とふたつの客殿が国宝。 石山寺は真言宗。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴景勝おめでとう!!

貴景勝22歳、戦後、前師匠の貴乃花を筆頭に歴代5番目の若さ、小結で7人目の快挙の優勝です。 師匠の引退などいろいろあった中での優勝。素晴らしい。おめでとう! 貴ノ岩兄弟子が優勝直後にハグして讃えていたのが印象的です。 貴方は歴史を作りましたね。 その優勝インタビューも感動的です! 弱い自分と戦ってきたのですね! 本当におめで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七人のサムライ

来年3月で引退する我々最終学年の七人が、若手2-30代の後輩へむけ、経験と実績を話す機会をいただき感謝します。
私は「次世代の皆さんへ繋ぐ」を表題とし、持説を伝えたつもりです。
 ボスは直後の懇親会のご挨拶で、我々に対し「七人のサムライ」といいました。

 サムライとは組織の用心棒、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の心は常に誠実さです!

フランス国交160年! そのため?なのかBSでアランドロンの映画特集をしてたので、 昔の映画を3本続けてみました。 「太陽がいっぱい」1960年、「地下室のメロディ」1963年、「冒険者たち」1967年です。皆全て、 主人公なのに、貧しい環境で結末もアンハッピーな映画ばかり。冒険者たちに至っては死んでしまいます。 でも、ロマンス映画でな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more