テーマ:都市建築

3年ぶり北京です!

いま北京にきてます。 3年ぶりだと北京は全く異なっているとの話ですが、確かに今朝の爽やかな澄んだ空気は以前にはありませんでした。北京もやれば出来るとの評。そして北京の今頃の風物詩、柳の綿が舞っています。 写真は泊まっているホテル、金光夏日商務酒店です。中国では酒店をホテルといいます。 「北京の柳の綿も軽やかに浮き、我が気分なり」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津の景観?

大津市の景観計画? 堂々といえるの? 昨日の三井寺の高台からです。市推薦の景観スポットとありますが、まるで、はだかの王様だ。 インバインドするなら、この風景から問題視すべきです。 これは、9月にみた、鎌倉長谷寺の高台からの景観も同じ。(本年9月14日当ブログ) これでは日本の風景が恥ずかしい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀尾井町と大久保利通の地霊

鈴木博之先生の著書に「東京の地霊」がある。 その1つ紀尾井町の話です。 紀州、尾張、井伊の領地があったので紀尾井町ですが、これから西郷どんの大河ドラマに出てくるであろう明治11年5月大久保利通が石川県(藩)士族に暗殺された地でもあります。 鈴木先生も書かれていますが、この地を貫通する道(今の弁慶橋からの直線道路)は、当時は赤坂御門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋エコミューゼ 豊島区役所をみた

環境と都市開発が合致した建築です。 低層部の豊島区役所部分は、三方にソーラー発電システム、植栽、ガラス、木ルーバーを6x1mの同一のパネルにして、現地での作業を省力化しているようでした。しかも区は無償で行なった開発とのこと。 このまわり、そして旧豊島区役所周辺をきっかけにこれから益々無数の都市開発が進むようです。 この写真は、エレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由比ヶ浜のまちの風景?

まずこの写真は今日の鎌倉由比ヶ浜のまち そしてこれが先月行ったモナコのまち、違いがわかりますね。 同じスマホで撮っているのに何故、違うのだろう。この高台の隣に西洋風白人のカップルが眺めていたけどなんだか恥ずかしくなりました。 由比ヶ浜といえば、日本では随一の観光海岸地なのに、乱雑で統一感がない!せめて、屋根・壁だけでも統一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の地霊 岡崎地区

いま京都平安神宮にいます。 平安時代の末期11世紀(1077-)に天皇の氏寺が集った6つの寺「六勝寺」ここ一体の変遷の話です。 その後、応仁の乱(1467-)を経て、荒地となっていて、1895年(明治28)に平安遷都1100年紀年祭と内国勧業博覧会が行われ、1896年(明治29)、平安神宮(伊東忠太設計)ができ、1903年に市が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジュールフロッタン講演

本日夕刻、建築設計学会主催で、笹川日仏財団助成のフランス人教授ミッシェルカンタル=デュバル氏(都市計画家1940年生77才)の講演がありました。 アジュールフロッタン(浮く難民船)とは、1927年頃に難民の128名の居住用としてできたコルビュジエが改修設計したパリ市セーヌ川右岸ルーブル美術館近くに停泊する鉄筋コンクリート(RC)製船ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G-six

先週、先輩の絵画の個展があり、誘われたので銀座へ行きました。 そのついでに銀座6丁目にある鹿島が行なったG-sixの再開発をみました。デザインは谷口吉生氏です。 松坂屋が主体ですが、ここに既存40施設があった2区画を区画を跨ぐ道路も再編して、1区画としての再開発は、素晴らしいと思いました。 ここ銀座は地上58mの高さ制限があり、鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン最悪の高層住宅火災

Brexitをイギリスが宣言してから、イギリスが、特にロンドンが悪に見舞われています。今度は、ロンドンの24階高層住宅火災の大惨事です。 24時間たった現在でも鎮火してません。 火災防止は、『火ダネ』限定と『燃グサ』防止で決まり、火災になった場合のために、『避難』のし易さ、『消火』のし易さで決められています。基本は、この4つです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Itou塾 菅付雅信さんの講演

菅付雅信さんの講演 Gutenberg orchestraの主宰でメディアのコンサルタント Gutenbergで18世紀?産業革命が起き、ドイツのここで印刷機が発明され、メディアの発祥とのことで名づけたと。 『物欲なき世界』の著者 「モノと 幸福 と資本主義」での講演でした。 まず、ライフスタイルショップの取り上げ方を見ると、 一層…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍港の街、横須賀!

本日、横須賀を訪ねました。 人口は40万人。他に米軍が2万人。 GWの中日の平日なのだが、 アメリカ軍はGWは関係ないのか、 制服で街を歩いてましたね。 そう、本日、日本の護衛艦が米軍の補給艦の護衛の為、横須賀を出たとか? この街、軍港の街であったことがよくわかります。 横須賀を訪ねたのは、 横須賀海岸通りが景観賞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋を歩いておもうこと

フランスからエコカルチェ認証を船橋の『森のシティ』がされたので、この機会に、自分が関係した他の施設を含め、船橋を歩きました。 『森のシティ』は、野村不動産と三菱商事の共同プロジェクトとのこと。船橋から東武線の1つ目の『新船橋』駅前東側に広がる1500戸のマンション地区である。駅前では、よくありがちなパチンコ屋やいやらしい商店もなく、綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本語の建築」を読んで

二ヶ月前に出版された本です。 伊東豊雄さんの今の想いが語られています。 題名にある通り、「日本語」に引っかかりました。 人が人のためにつくる建築は、日本語のように曖昧に人の感性まで伝わらないといけない。そして建築家は、均質なモダニズムでなく、かつ古い伝統建築に留まるのでもなく、日本語にあるように行間を読み取って共感させるような能力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた東京大手町の三井物産のビル??

先日、久しぶりに大手町を歩いていたら、なんと!三井物産のビルがありません。70年代当時、建築界では一世風靡した日建設計の代表作だ。仕事場が大手町だったので、幾度も利用したビルだ。それが、 100mだったビルを200mに建て替えるとのこと。この時代でも簡単に過去の街を消してあたかもシムシティのゲームをしてるかのようにスクラップビルドする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ大統領就任式とワシントンDC

このセレモニーを中継で初めてみました。 2001年3月に現地ワシントンDCのモールをジョギングしましたが、今日の中継でその頃のイメージの記憶が蘇りました。モールの大きさは、就任式の会場の議会議事堂の「キャピトル」(1800年築)から真西へリンカーンセンター(1922年築)までの2.6km幅200mであり、この軸と直交するホワイトハウス(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪城

今週火曜日に大阪の講演に行きました。 東京とは違って、参加者の期待が伝わり、2時間を超え熱を入れて話をしてしまいました。でも皆さん喜んでいただき何よりです。 講演後、大阪城にこんなに近い会場だったのかと驚きました、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀城駅前のalternative公共建築

昨日、仕事で宮城県多賀城にいきました。写真は、ツタヤ、スタバ、ファミマそして市図書館の合同施設つまり次世代の公共建築です。地域の欲しいものを並べたらこうなったような空間だ。8:00にきたがファミマは開いてたけど他の朝9:00開館は遅くないかな、スペースを限ってもいいので全施設24時間にできればもっといいね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六本木泉ガーデン24階ホールから

仕事の待ち調整でここにいます。 写真はここから見る風景ですが、ハリーウィズの設計のUSA大使館宿舎が小さく見えます。30年以上前に建築されたこの宿舎は当時、障子の外壁目地?モンドリアンのトレーサリのイメージとして一世風靡しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UCLと英国と!

Uユニバーシティ Cカレッジ Lロンドン。仕事仲間Aが今年夏までの2年間留学。そして親類がこの春に語学留学する。UCLは、オックスフォード、ケンブリッジにつぎ英国で三番目に、世界でも四番目にランクされるロンドン街中にある大学。過去には伊藤博文、夏目そう石、小泉純一郎が留学している。ところで、ロンドンでは現在、街に活気があり、2012年オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父宮ラグビー場改修検討は日建設計に!

2019年に日本で開催することが既に決定しているラグビーワールドカップのためか?秩父宮ラグビー場(25000席)を管理する文科省外郭団体の国立スポーツ振興センターは耐震対策を含めた改修設計検討をプロポーザル(簡易な提案競技)で日建設計に決定した。あのスカイツリーを設計した事務所だ。また国立競技場(50000席)は久米設計、代々木競技場(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高い!下町 新東京タワー!

今日は376メートルまで上がっていた。来年には600メートルとなるらしい。下が三角平面で上が円形だ。これにより見る地点で変わって見えるのでおもしろい。以前、近所にあったお化け煙突に倣ったようだ。設計は組織設計トップの日建設計。界隈を自転車でぐるぐる回ってみると、下町の風情がたっぷり漂っていた。タワー完成後、この下町は激変するのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・品川・羽田-立川リニア2010計画

東京・品川・羽田-立川リニア2010計画をつくりました。ポイントは、駅を東京・品川・羽田・二子玉川・府中・立川・福生に置き、破線は地下でつなぎ、二子玉川で地上に上がり、多摩川の河川敷エリアを通ります。これで大幅に土地コストが縮減し、河川の氾濫整備もあわせて行います。リニアは、遠距離だけではなく、空港利用や地域発展にも寄与させ、多摩川沿川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共建築の日

今日は11月11日で公共建築の日だ。1が四本で柱にみたてこれに屋根をつけたら建築なのでつけたらしい。そのシンポジウムが各地で開かれている。その東京会場をのぞいた。ところで今回の政権交代で公共建築はますますダメージを受けている。価値あるものとして歴史・文化にねざした公共建築の役割がテーマだったが、「そうは言ってられないくらい建築関係者は頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリートから人へは?

この言葉は意味がわからない。民主党は困窮する人にお金をばら蒔きたいようだけど、建築土木の関係者だけ悪者扱いしているような気がしてならない。その建築土木に関わっているひともそのほとんどが生活に困っている人だろう。昨日、BSiのTBSで20世紀の巨匠建築家ル.コルビュジェの特集の放送があったがその解説で「コンクリートが人を育ててる。」やの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東豊雄さんが人間国宝級に!

今日の新聞で、今治に『伊東豊雄ミュージアム』が今治市立としてできるらしい。伊東さんに師事、自称門下としては、大変嬉しい話だ。このようなこと現役の建築家では、日本では初めてではないだろうか!それは人間国宝級である。10年位前、コルビュジェに近づいていると豪語していたが、伊東さんコルビュジェも越えたかもね! 日本の近代化遺産—新しい文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more