テーマ:伊東豊雄

伊東塾 福岡ハカセ 鼎談

福岡伸一ハカセ。文春では有名な先生、伊東塾は二度目の登壇である。 (2012,9.15当ブログ参照) 生物、生命は、みえない或いはみえにくい意味で複雑でわかりにくいのですが、 生物、生命がわかった気にさせるので大した人である。 先にノーベル医学賞を受賞された本庶先生へも絶賛してました。ガン細胞の変化に着目した第4の治療だと。 細胞は永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元菊竹事務所の遠藤勝勘スケッチ展

伊東豊雄さんが尊敬する遠藤勝勘さん。 伊東さんが菊竹事務所に入った当時、 4B鉛筆作図では、全く太刀打ちできないくらい図面が綺麗でうまい人だったと絶賛されていました。 ホントでした! いつも手帳を携えていて、ぎっしりスケッチとまるでワープロみたいな字で詰まっています。その世界での人間国宝だと思います。 いい建築をみると素描しないといて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度初めの伊東塾長講演

年度初めの伊東塾は先生の講演だ。 昨日、「内なる自然」と題してのお話しでした。 <伊東豊雄さんのお話ダイジェスト> 自分の建築論を話したい。 「表層の空間」ロランバルト著 宗左近訳 東京の都市自然の成り立ち、皇居の空虚観を論じている 諏訪湖も同じ 御神渡り 漁業もない静かな湖  湖面の水平虹と水蒸気が幼い頃から、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の京 薬師寺

ここ薬師寺は1973年以来です。 もう2018年ですから45年になります! 「あれ(東の塔)は、6重の塔やないよ、5重の塔や。。。3重では?」 お坊さんが面白い説教されたのを覚えています。 高田好胤(1924-1998)さんだったと思います。 白鳳伽藍の復興として、昭和平成50年がかりで行なっているので、自分がみた幼年期か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気仙沼ニッティング

今日は仙台から石巻経由で気仙沼へ向かいました。 気仙沼はこの通り、まだまだ復興中途です。大島行き客船ターミナル、黒い小さな建物がK portです。 そして、気仙沼ニッティングに寄って、なんとエチュードセーターを購入してしまいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 御手洗瑞子さん講演

気仙沼ニット社長 容姿(見た目)は華奢で美しく若い、言葉やプレゼンは、東大出身らしく明確で分かりやすかったです。そして、独特の価値観による主張で、筋が通っていて、言動や起業の話には圧倒しました。そして嫌味もありません。日本の代議士もこんな人ならと、ふと思いました。 卒業後、マッキンゼー経営コンサルタント、その後、ブータン政府の補佐官か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Itou塾 菅付雅信さんの講演

菅付雅信さんの講演 Gutenberg orchestraの主宰でメディアのコンサルタント Gutenbergで18世紀?産業革命が起き、ドイツのここで印刷機が発明され、メディアの発祥とのことで名づけたと。 『物欲なき世界』の著者 「モノと 幸福 と資本主義」での講演でした。 まず、ライフスタイルショップの取り上げ方を見ると、 一層…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 遠山正道さんの講演

元三菱商事社員で個展を行いたいと起業『Smiles』を創設。自己アイデアで行うナンデモ屋で広告代理店、プロダクトデザイン、機内食や弁当、個人店舗支援など多方面に活躍している。わざと領域を外していて、小さな山の大将の方が価値があり、直接的な関係がいいという。また、大きくない方が責任が取りやすく、決断もしやすいと。 広告起業だけど回りを気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本語の建築」を読んで

二ヶ月前に出版された本です。 伊東豊雄さんの今の想いが語られています。 題名にある通り、「日本語」に引っかかりました。 人が人のためにつくる建築は、日本語のように曖昧に人の感性まで伝わらないといけない。そして建築家は、均質なモダニズムでなく、かつ古い伝統建築に留まるのでもなく、日本語にあるように行間を読み取って共感させるような能力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 石川幹子さん説明付きの小石川後楽園

元東大、現中央大教授、新宿御苑以来の石川先生解説付き小石川後楽園巡りです。 石川先生とっておきの、日本屈指、世界屈指の名園とのことでコストパフォーマンスも高いようです。 江戸のディズニーランド、 そして江戸のサスティナブル名園との。石川先生、ほんとにベタ誉めでした。 まず始めにひとりひとりに庭とは、と聞かれ、自分は「心の安らぎ」と答え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 原研哉さんを聞いて

武蔵野美術大学の先生で銀座4丁目にあるデザインセンターの社長!学校ではワードディレクターとして言葉で教え、会社ではアートディレクターであると主張してました。 いま、デザインは何をすべきかが主題だったような気がします。デザインは、ロジックではないそうです。脳の中に眠っているものを如何に引き出すかがデザインと!そして今の日本を前向きに捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 尾道市長講演『国際観光都市実現に向けて』

平谷尾道市長、こんな首長さんがいたとは!いろいろな地方都市で、参考になるのではないだろうか!他の市にないからいいと市長反論!(笑) 観光構想のメインは、自転車であり、サイクルでしまなみ街道を利用したここしかない独特な構想をしている。 一番市長が気づいたのは、本四架橋。この膨大なインフラを利用する手がないかだった。しかも、国や県の補助事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾、素潜り女優福本幸子さん講演

アメリカテネシー生まれ、その後、沖縄で育つ。中学生の頃は、アクターズスクール。その後、いいように電波に乗せられた商業主義への反感、違和感から、アクターを止め、反抗期を過ぎて、香港の音楽家エリックコットンへ修行、ラジオDJをしていた。 今は、沖縄の自然豊かな海を利用した素潜りの水中表現作家として、かつ素潜り競技のアスリートで野生的な生活を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾で塾長が熊本を語る

伊東塾の続き その3です。 最後に熊本の話しです。 まず、熊本の八代市立ミュージアムが伊東さんの初めての公共建築とのことで縁を感じているようだ。 2011の東日本震災の時とは異なり、死者、被害も少なく津波もないのであまり悲壮感はない。かつ、熊本アートポリスが28年たち、蒲島知事が4代目になっていて、311の仙台宮城野のみんなの家を主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾で国立競技場について語る塾長《その2》

続きです。 そう、質問タイムで、国立競技場B案の話が出てましたが。 この話になると、冷静にいられず、怒りが増して2時間位話してしまうとのことです。(先生は75歳ですが元気です。) 実際の質問は、2回のコンペ?はどう違えて提案したのか?でしたが、1回目は既存を壊さない意識が前提だった。2回目では中沢新一さんの協力で歴史観をひじょうに考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾で国立競技場について語る塾長

今日、年度初めの伊東塾の講義を聞きました。年度初めは、いつも伊東塾長が行っている。 この自分も投稿が久しぶりです。 今日の講義は、いま考えていることをお話ししていただいた。 まずいつも出される桜の下での宴会空間のスケッチと塾長の幼い日々昭和25年の外部でのゴザを敷いての家族写真。これらが建築の原形であると。 さらに、これまでの創作は諏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾、鳥取県智頭町長の成功講話!

いきなり、世間は偽者が多い! 特に国や代議士! 国立競技場にあるように責任を誰もとらない! 今、国立競技場をやっと国が見直したように、いろいろなことで敗者復活が起きていてこれからが、本当に日本の良さが見えてくるし、チャンスだと! これまで、地方は交付金だけを目当てに動いて来て、 地方の特色が出せず面白くなかった。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾2015年 初朝会!

午前中の講演も爽やかでいいです! 伊東先生、これまで3ケ月間も入院、大病されたよう。 それでも変わらず熱いトークでした。 現在の心境を「都市を向いた建築は終わった」と、熱く語られた。 たとえば、トヨタは、利益は今年2兆円上げ、車の技術は上がったけど、 外形は変わっていなく、デザインとして面白くなく堅い。 建築社会も同じで気分が高揚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 ビエンナーレ報告。

久々の伊東土曜塾 。 久々に伊東さんに会え、「建築」の話が聴けてよかったです。 今回は先月にベネチアで行った2年に1回行う建築国別展覧会。 早稲田の建築史家の中谷教授の70年代の建築家の作品を布石にした現代の「クリティカルグリーンイズム」の論説は、難しいけど興味が沸きました。つまり、今、現代の建築は、芝などの薄いグリーンで覆い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立に対しもの申す師伊東豊雄!

国立競技場をそのままにして仮設で80000人を確保する案を主張し、新国立競技場に対し噛みついた。今の競技場にはサッカーやラグビーの聖地『国立』として未練がある。そぅあの中田英寿も世界で一番の競技場は、国立競技場だと。そして、 これをまっさらにしてスクラップ&ビルドとしてはいけないと。イラク出身の設計者で新国立を造ることを進めている安藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北から明日のデザインを考える!

本日夕刻、仙台メディアテークにて、伊東豊雄さんの講演会がありました。 実は、伊東さん自らの設計した建物で講演を聴いたのは初めてです。 なんとなく感慨深かったね! 今後の建築は、盛んにおっしゃっていたのは欧米型の近代の見直し脱却と建築家自身の独りよがりでなくコミュニケーションしながらのものづくりであると!それも地方にもっと魅力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2ヶ所ある東松島のみんなの家をみてきた!

はじめに、妹島和世さん設計のみんなの家。直径7m位?の球形の皿を逆さにした形の屋根で、そのうちの3分の2が縁側で残りが屋内集会所の単純な作りである。ここは津波で破壊された野蒜駅から海に突き出た野蒜海岸から橋を渡り、宮戸島の中央にある高台の宮戸小学校のグランドに仮設住宅があり、その一画にある。この島は、さすが松島だけあって海は絶景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東豊雄さんが週刊文春に登場!

堂々たる国民大衆の雑誌、「文春」に今週号に登場! それは、阿川佐和子さんだったので合点がいった。 伊東さんは、タレントでないことや、 これまでの建築大家のようなパトロンや権力者にすがったり、無理して名前を売らない。また、一般雑誌や電波に余り出でないほうだ。 また、若い人や子供に対しても上から目線がないし、むしろ嫌いで純粋に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東豊雄さんが、建築のノーベル賞!

プリツカー賞おめでとうございます。 311以降の活躍は、目まぐるしく他の建築家を圧倒してましたね! 建築だけでなく新しい社会のかたちまでも改革し実践しているので、ノーベル賞で実践社会科学分野があれば、それも受賞するでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東豊雄「あの日からの建築」を読んで!

集英社新書735円! 伊東豊雄さんの思いがいっぱい詰まってました。 建築家こそハードだけでなく、「コミュニケーション」を創作調整する専門家であるべき! 建築設計は頭で考えるだけでなく、身体で感じろと師匠(菊竹清訓)に言われた! データや基準のせい(責任)にするな! 建築を完結させるな、解放させろ! できるだけ近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リクタカ伊東豊雄みんなの家 竣工式!

感無量の竣工式だった。 家内の故郷、陸前高田に係わり30年、伊東さんに設計を教わって32年! そして、これから、この「みんなの家」を通じて一生リクタカと関わっていくことになる覚悟からだ! そして伊東さんが私に「これからこの家を育てることが重要。地元の人に使われるように、サポート宜しく。」といわれました。 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 生物学者福岡伸一教授を迎えて

先週、青学の福岡伸一教授を迎えてのおはなし。 まずは、ルリボシカミキリの鮮やかな青色の胴体が魅せられたとのコメント。 この青は、100倍くらいの顕微鏡でみると、透明にみえる。青は色でなく「効果」であると。 先生は昆虫オタク。学者より公務員などしてオタクを続けてもよかったかも。。 大学は成果を求めるので好きなオタクだけではでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東豊雄師がベネチアで金獅子賞!!

リクタカのみんなの家の設計プロセスが世界に共感され、 最優秀賞となった。おめでとうございます。 2週間ぼどまえに里帰りしたが、骨組みの木造は既に組み立てられていた。 師は、311以降本当に精力的に動かれ、それが国内外から認められている。 自分の利を考えず、みんなの利を考え突き進んでいる。 まるで、吉田松陰みたいに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾、中田英寿+有働由美子+伊東豊雄の特別鼎談。

サッカーと建築の頂点を究めたどおしの初めての特別対談だと有働アナ。 中田英を「サッカー界の長嶋茂雄」と伊東さんが紹介。 中田英は個人での講演はしてなく苦手と言ったが、どうしてどうして話は巧みでおもしろく、あっという間の2時間だった。 有働アナを含めて3人の個性あるしなやかな受け答えがおもしろかった。 これまでの中田英の先…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本日ずっと伊東さんをみてきく!

今日は伊東塾の開校式ということで、伊東さんの「建築」に対する現在の思いの講演だった。 その思いを伝えている「みんなの家」は宮城野をはじめ、釜石、リクタカとどんどんプロジェクトが始まっているようです。 そして「建築」は、311震災を受けて、考えさせられ顕在化したものは、建築家の役割を見直し、本当のユーザーの気持ち(琴線)に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more