Rugの方丈私記

アクセスカウンタ

zoom RSS Arianaのコメント

<<   作成日時 : 2017/06/04 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週5月22日月曜日、マンチェスターでライブコンサートの時にテロがあり22人が死亡し、多数の負傷者がでました。
その出演した歌姫、Ariana Grande がコメントを出して、今日6月4日追悼コンサートを現地で行う。すごい勇気と行動です。
昨年から利用しているスポーツジムで流れていた「Into you」「One last time」のAriの歌が頭から離れません。

(Ariのコメントと直訳)
My heart, prayers and deepest condolences are with the victims of the Manchester Attack and their loved ones.There is nothing l or anyone can do to take away the pain you are feeling or to make this better.
マンチェスターで犠牲になった方々に対し、心から深い哀悼の意を表します。その悼みは、誰も消すことはできないけれど、できることは何かと。

However, l extend my hand and heart and everything l possibly can give to you and yours, should you want or need my help in any way.The only thing We can do now is choose how We let this affect us and how we live our lives from here on out.
でも、私ができるもの、みんなにすべきこと、どんなことでも行動を起こしたい。私たちが今できることは、ただ1つ、ここでライブを行うことかと。

I have been thinking of my fans, and of you all, non stop over the past week.The way you have handled all of the this has been more inspiring and made me more proud than you'll ever know.
私は間をおかずにこの1週間をファンの皆さんへの思いを伝えたい。これが、皆さんにこれまで以上の感動と自信が叶えられることかと。

The compassion, kindness, love, strength and oneness that you've shown one another this past week is the exact opposite of the heinous intentions it must take to pull off something as evil as what happened Monday. 
思いやり、信頼、愛そして強さを、先週の月曜日に起きた悪夢を取り除きたく、強い意識でもう一度行いたい。

YOU are the opposite.
あなたは向こうにいる。
I am sorry for the pain and fear that you must be feeling and for the trauma that you, too, must be experiencing.
起きたことが酷すぎて、その痛みと恐れそして心の傷が気の毒でたまらない。

We will never be able to understand why events like this take place because it is not in our nature, which is why we should not recoil .
私たちはなぜこのようなイベントで起きたのか理解できなく、私たちの本質でもなく、反動でもないのに。

We will not quit or operate in feat.
私たちは恐れから逃れるのでない。
We won’t let this divide us.
私たちは離れない。
We won’t let hate win. 
私たちは嫌がらせに勝つ。

I don’t want to go the rest of the year without being able to see and hold and uplift my fans, the same way they continue to uplift me.
私はファンを守れないことなしには落ち着かず、今年を過ごしたくないのです。

Out response to this violence must be to come closer together, to help each other, to love more, to sing louder and to live more kinds and generously than we did before.
この暴力の結果、閉じこもっていくべきか、愛とともに行動すべきか、過ぎてしまう前、以前よりもっと寛大に、大声、そして優しさで歌いたい。

I’ll be returning to the incredibly brave city of Manchester to spend time with my fans and to have a benefit concert in honor of and to raise money for the victim and a families.
マンチェスター市の信じられない勇敢さのため戻るべき、ファンとともに時間を過ごすべきで、このコンサートの利益は被害者とその家族へ捧げます。

I want to thank my fellow musicians and friends for reaching out to be a part of our expression of love for Manchester.
私のマンチェスターへの愛の声明に賛同してくれたミュージシャンや友人に感謝したい。

I will have details to share with you as soon as everything is confirmed.
この詳細は、全て確認次第、皆さんへすぐに共有します。

From the day we started putting the Dangerous Woman Tour together, I said that this show , more than anything else, was intended to be a safe space for my fans.A place for them to escape, to celebrate, to heal, to feel safe and to be themselves.
あの日からDWTは始まったと言いました。前例のないファンのための安全な空間、逃れ癒される格別な空間で、それらの安心感で興行します。

To meet their friends they’ve made online. To express themselves.
皆さんとオンラインで繋がりましょう。それが私の表現です。

This will not change that.
これは変わることがありません。

When you look into the audience at my shows, you see a beautiful, diverse, pure. happy crowd.
ライブで聴衆をみるときが、美しく、広く、清く、幸せになるのです。

Thousands of people, incredibly different, all there for the same reason.
Music is something that everyone on Earth can share.
何千の人々は、信じられないほど異なるものですが、音楽は全てを同じ理由で、地球上の全てを一つにできるのです。

Music is meant to heal us , to bring us together, to make us happy.
音楽は、私たちを癒し、共に幸せをもたらします。

So that is what it will continue to do us.
そして継続するのです。

We will continue in honor of the ones we lost, their loved ones, my fans and all affected by this tragedy.
私たちが事件で失った尊厳を回復し、この悲劇の影響を受けた皆さんへ繋げます。

They will be on my mind and in my heart everyday and l will think of them with everything  l do for the rest of my life.
いつでも私の誠と愛の心、私の人生全てを捧げます。

Ari

追伸
Ari 大成功だったね。
30年前もアフリカの貧困のチャリティービデオがあったけど、それ以上だと思う。とてもとても勇気ある行動で、
もうすでにAriの虜で、その精神性に夢中で、アルバム2つ購入しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Arianaのコメント Rugの方丈私記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる