オールブラックス世界の頂点に!!8-7フランス

24年ぶり、堂々ラグビーワールドカップにて優勝した。
ニュージーランド世界一おめでとう。
ニュージーランドの国技でもあり、毎年世界ランキング1位がほとんどなのでどうして?と誰もが疑うが、
ワールドカップの本番には、毎回辛酸を舐めている。

ところで、この決勝の点数には、身に覚えがある。それは、4年前の東京都花園予選の秩父宮ラグビー場で行った決勝、本郷8-7東京高校戦だ。
試合の展開も似ていて、後半、本郷が東京の怒濤の攻撃を守り抜いた試合だった。
本郷高校の大浦監督の言葉を思い出した。「たった一輪(1点差)でも花は華。」

話戻して、オールブラックスは、今大会10番スタンドオフの怪我に悩まされた。
世界1位の得点王ダンカーターはじめ、この決勝を含め三人も怪我。
スタンドオフは司令塔なので、かなり痛い。
この試合もニュージーランドが攻めきれなかったのもそれが原因のひとつだろう。

また、フランスもよく戦った。トンガに予選で負けていて2敗している国が準優勝。
試合前のオールブラックスのハカの独特な迎えかたも気持ちが表れていたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック