組織集団と人づくりのはなし

ある地方の景観賞が発表され、関連したので、担当した仲間の個人名を上げてメール仲間で喜んだ。

ところが、部内広報どころか、尊敬していたある管理職さえ、組織を優先した言葉しか出ない。実際は担当者の相当な熱意がないとこの賞は貰えなかったと思う。

以前は、これほどでなかった。
私は、人があっての組織だとおもう。
〇〇さんは頑張ったけど、すべての人が頑張った組織とゆうふうになる。こうなると主人公が全く見えない。
そして、すべてこのような論法になる。

ただ、この組織の遠いどこかで、逆風も吹いていて、そんなトータルなことだけだと個人の意欲がなくなると、若手の一部が大幹部に上申したようだ。

12月に書いた、トヨタよりホンダ、サッカーよりラグビーのひとづくりが大切だ。そうしないと、AI社会になってきて、通り一遍のレスポンスでは、ロボットにしてやられる⁉️

そうなんです。みなさん!10年後には、車の自動運転が普通に走っている時代になります。先月新車買い替えのとき、ホンダの人から、高速道路の車間自動を取り付けましょうか?といわれた。それはつけなかったけど30km以内の自動停車を取り付けました。車のAIはどんどん進んでいます。
でどうでしょう、AIロボットがもっと発達したら、基準に従う或いはそれを評価する人間はいらなくなります。基準を作るのが人間。それに従い評価するのがAIロボットに代わるのがもうすぐです。恐いはなしです。だから人間にしかできない人づくりをしなければなりません。熱く語るのもそのためです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック