テーマ:伊東塾

伊東塾、2人の家具デザイナー講演

伊東塾、先生病気欠席、今日も代行進行!大将が居ないと!やはり、迫力かつ優しさに欠ける。「大将」かつて前川國男事務所で所員が所長に言っていたのを思い出しました。。 さて、今日は2人の家具デザイナーの講演だった。藤江和子さんと藤森泰司さんだ。藤江さんはもはや長老。堂々としてやや強めの言葉?この10年は、伊東さんのお抱えデザイナー? コルビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 平野彰秀氏講演

「おだやかな革命」の映画に平野さんが出ている。それと同じ話になるという。 岐阜県と福井県の県境、郡上市の奥田舎「石徹白(いとしろ)」で生活してるものがたりである。ここは白山山岳信仰も盛んである地域で、他と同じで過疎化が進んだが今は移住者も来るようになり止まった。ただ積極的には勧誘していない。 現代の均質化、画一化された生活から、戦前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Itou塾 菅付雅信さんの講演

菅付雅信さんの講演 Gutenberg orchestraの主宰でメディアのコンサルタント Gutenbergで18世紀?産業革命が起き、ドイツのここで印刷機が発明され、メディアの発祥とのことで名づけたと。 『物欲なき世界』の著者 「モノと 幸福 と資本主義」での講演でした。 まず、ライフスタイルショップの取り上げ方を見ると、 一層…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 いろいろ蜜柑の会

柑橘の試食と蜜柑農家のノウハウ講演会。 伊東塾は、建築だけではありません。 蜜柑は、苗木から三年で実がなるそうです。 蜜柑は、越冬が出来ない果物で、マイナス温度に弱い蜜柑でほとんどが年内収穫だそうです。 蜜柑は、木の上より、木の下に成る方、垂れ下がる方が甘みが増すそうです。 名前は、県の農業委員会が決めるようで くだものの品種、甘みと水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾 島根の田舎に住む藤山浩教授の講演

伊東さんが講師として選ぶ人は、いつも人柄がよく個性的な人だ。 一橋卒で今は広島大の先生。 元々地元Uターンされた方だけに、山奥の山間地の田舎古民家を改造した家に住んでいて、電気は、太陽光のみ、ストーブは自家製蒔とのこと。 島根県は60年前、過疎化が問題となった当初、全国一であったが今は、計画的にわざと少ない定住増年1%を目指して、安定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾、素潜り女優福本幸子さん講演

アメリカテネシー生まれ、その後、沖縄で育つ。中学生の頃は、アクターズスクール。その後、いいように電波に乗せられた商業主義への反感、違和感から、アクターを止め、反抗期を過ぎて、香港の音楽家エリックコットンへ修行、ラジオDJをしていた。 今は、沖縄の自然豊かな海を利用した素潜りの水中表現作家として、かつ素潜り競技のアスリートで野生的な生活を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東塾、鳥取県智頭町長の成功講話!

いきなり、世間は偽者が多い! 特に国や代議士! 国立競技場にあるように責任を誰もとらない! 今、国立競技場をやっと国が見直したように、いろいろなことで敗者復活が起きていてこれからが、本当に日本の良さが見えてくるし、チャンスだと! これまで、地方は交付金だけを目当てに動いて来て、 地方の特色が出せず面白くなかった。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアスム中沢先生、伊東塾で語る!

伊東塾での3年ぶりの講演だ! 今日はオリンピックで新競技場の話題が炎上している明治神宮の「内苑外苑」のお話だった。 でも外苑に競技場が具体的にどうのこうのではなく、これまでの天皇に関する精神的な先生独特の話であった。 明治天皇の隠や幽(見えないもの)が内苑であり、顕在したもの((アラハシ)現われるもの)が外苑であるとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東建築塾 みんなの家「がんばっと 玉浦」!

今日(2013.9.21)のテーマは宮城県南部岩沼市の「みんなの家 玉浦」。 <写真は、今年8.31の岩沼の浜。> 岩沼市の中央に南北の高速道路が縦断しているが、311の津波はここまで襲来したそうで、市全体の農地2/3が津波被害を受けた。被害の中心にあるのが玉浦地区。農地は全滅。3日孤立。その年のお盆まで公民館避難生活。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日ずっと伊東さんをみてきく!

今日は伊東塾の開校式ということで、伊東さんの「建築」に対する現在の思いの講演だった。 その思いを伝えている「みんなの家」は宮城野をはじめ、釜石、リクタカとどんどんプロジェクトが始まっているようです。 そして「建築」は、311震災を受けて、考えさせられ顕在化したものは、建築家の役割を見直し、本当のユーザーの気持ち(琴線)に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東建築塾に参加して

本日の講義は、石川幹子さん。新宿御苑での野外講義だ。 石川さんは、「ランドスケープアーキテクト」つまり造園建築家。 名前「幹」もそれらしい名前、天職ですね。 石川さんの優しい語り口解説で、二時間園内を回った。 じつは私の祖先が内藤の血筋と親から告げられてたが、この御苑の日本庭園に、内藤新宿の屋敷があったことは、恥ずかしながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more